不動産売却でマイホームをスッキリ手放す|家を上手く売る方法

婦人

計画的に行う

一軒家

住宅ローンを組んだ時には将来的な返済計画をしてから組む必要がありますが、もし返済が滞った場合は任意売却をして対応します。任意売却をする時には様々な手続きが必要となります。

もっと読む

競売を避けたい

レディー

匠本舗でおせちを賢くお得に買う方法

匠本舗のおせち通販は口コミで評判が高い理由を徹底リサーチ!予算に合わせて料理が注文できるなどのメリットがあるようですよ。

imini(イミニ)リペアセラムの口コミ・評判は?半額大セール中!

リペアセラムの口コミ・評判・効果が載っているサイトを参考に自分に合ったスキンケアアイテムを探そう!

ローン返済が困難になった際の住宅処分は、通常は競売によることとなります。競売は競争入札によって土地や建物を売却することで、たとえオーナーが望まなくても債権者が裁判所に申し立てを行い、許可が下りれば強制的に処分されてしまいます。そして落札後は次の住居が決まっているか否かといったことには関係なく、期日を定めた上で明け渡しを求められます。このような事態を避けるためには、事前に別の方法で売却を行う必要があります。そこで利用されるのが、任意での不動産売却という手法です。

任意売却とは、住宅を競売によらず一般の不動産物件と同じように売却することをいいます。もちろん抵当権の関係から債権者に無断で売ることはできないので、事前の合意が必要です。新座市で行なう任意の不動産売却は市中の不動産業者を通じて買い手を探すので、市価とそれほど変わらない価格で売却し、それをローンの残債に充てることができます。競売の場合だと新座市などの市価より著しく低い価格で落札されてしまう可能性もあるので、オーナーのみならず債権者にとってもメリットがあります。また適当な買い手を探すためにはある程度余裕をもったスケジュールが必要となるため、その間に新居探しを行うこともできます。さらに競売の場合は公告の対象となるため近隣に事情が知られてしまうおそれもありますが、任意売却の場合はその心配がありません。

ローコスト住宅

室内

注文住宅を受け付けている業者は多くありますが、中でもハウスメーカーが提供するローコスト住宅は人気があります。それに伴って最近では設計事務所でもできるだけコストを抑えた住宅の提案をするようになっています。

もっと読む

木材を利用した家

つみき

一戸建て住宅を購入する時には、多くの家庭で木材を利用することがありますが、現在では木材利用ポイントというものがあるので、木材を利用していることによってポイントがもらえる可能性があります。

もっと読む